yurari time☆reoのアソート箱

ゆらゆらと、、気ままな遊泳を楽しむ時間

カテゴリ: 日常のこと


時折り、夏の余韻を残すかのような気温の中・・・
それでもやっぱり、空気は秋になった

P1000213


10月の初め、、
まだ強い陽射しと、曇天の行き来する週間予報を眺めつつ
雨さえ降らなければオッケー!の選ばれし休日
向かったのは南阿蘇の地

地すべりで抉られた山
動くはずのない山が、まるで彫刻でもしたかのように変形し
元にあった道路を覆い尽す、、

遠目に見ても、その大きさに唖然となる
未だに開通見込みのない、通れなくなった国道を迂回する車の群れ
そこに混じり、一路懐かしい地へのプチ・ツーリング日

それは約10年前、街中の職場を離れ
片道35Kmの距離を楽しみ通った、南阿蘇の巨大施設がある場所
今回は、行けなかったものの、美味しい空気はあの時のままだ

BlogPaint

BlogPaint

・・・あれからもう10年の月日かあ、、と、それに浸るのはいい
ただ、何で!?今頃になって、また疼(うず)いたのか、、
ババアの足腰は、確実に老化をばく進している、、というのに(笑)

いやあ、、こればかりはね、自分の内に潜む「イケル心」のせいよ!
10年のブランクを考えたら、今更乗るなんてとても、、がフツーなのよね
そんな恐怖心などポロッと忘れ、ほうり捨て、(わはは!)
何かこう、ただ単純にまたがりたい、、(おいおい、表現が、、

P1000211
P1000212

だめよね~夫婦揃ってのモーターものが好きって、、
ガンガンイケイケーーッ!とはならなくても
何かこう、ただ単純に風を切って、、(うう、、何ともセンチじゃないか~
・・・となった、9月の終わりに、なぜか気持ちのスイッチON

それからというもの、あれよあれよのアーーレーー????
即行検索と、車体手中までの行動力といったら、、僅か一週間の間で
既に生産の止まった車体のカタログを眺め、何とか身近にないものか、と
急遽、市内を走り回った日、、その二日後に「運命の出会い」とも言うべき
何と!ショップ店頭で見かけた偶然、、そこからが早かった!

こうなったからには、ワタシに乗れってコトなのね~ウヒヒ♪

の、これまた勝手な思い込みによる計画実現☆
(計画だなんて聞こえはいいが、ただの強行採決、、ってか、行き当たりばったりですから、、)

BlogPaint

さて、お決まりのショットは、横に斜めに構えるガラガラケータイアングル
人物を写すとね、いつものようにパンダのお面をつけなきゃならんので
おとなしく(笑)バイクのみ、、気持ちはあっても無理の利かない齢だし
トコトコ走りに、また相棒になってくれた相性のいいFTR君
トリコカラーを経て、懐かしい走りを蘇らせてくれてサンキュー!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


PCの不具合で開くことも出来ず、すっかり滅入っていた一ヶ月
暫くぶりに立ち上げ、何もかもが新鮮に映る気分に嬉しくも変な気分、、
文字打つ手もぎこちなく、あまりのノロノロ不器用さが可笑しい

reoポン キャンディー

スゥいーーつが恋しい季節♪
お菓子くれえ~(ハロウ㊞)の季節♪
                       ↑ちゃんと変換せいっ!





4月14日、、あれからまだ6日、、なのに
もう随分と時間が過ぎた、、そんな感覚だ

眠るための夜なのに、眠れない、いや、眠りたくない怖さ
電気(光)のある安心感、水に触れる喜び、、
普段の生活を何とも思わなかった事に、言いようのない有難さを感じる

苦しい環境であっても、場所によって天地に値する落差
未だ、戻れない我が家を思い、身を寄せ合って過ごす人々
震源地からほんの僅かの距離で、こうも違うのか、、と愕然とする
自分も被災していながら、まだ恵まれた環境にあるんだ、、と、つくづく思う

TVのライヴを見るたび、沢山の支援や励ましに感謝し、同時に
これから先、いつまで続くのか、、と、余震に怒り
不自由な方々に申し訳なく思いつつ、何もかもを忘れ
暫し、くつろぐひととき、、そういう入り混じった感情を覚えている

中途半端なまま、自分の中で進まない時間、、それでも、幸せだ、と思いたい
比べるものじゃないけど、生きている、ってそういうコトだ、と思うのだ
どんなに余裕を持ちたいと思っても、感情のコントロールも限界という環境
そこまで行き着いて、また考える、、それも出来なかったら、、
その時の自分を信じよう

沢山が集まり生まれる連帯感
普段、話すことのない他人が、同じ境遇で分かち合う時間
個々の家で、ひっそりと突然の揺れに構えながら過ごす、孤独な時間

今のワタシは後者だが、置かれた状況がいつ変化するか知れず
順応を覚悟し、柔軟に、深呼吸、、 \((-0-))/  ス~~ハ~~♪

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

p01_01


暫くぶりに開いたPCに、今の空気を書きたくなった

今日の熊本は、風もなく静かで穏やか、、揺れる以外は・・・(笑)
混雑を避け、渋滞を回避し、走り回る明け方4時の国道3号、、えっさえっさ=3=3
物資供給に全力を、、と動く人々のお陰で、ダメもとで寄ったコンビニ
その棚には、ずらりと並ぶお弁当にパン、、思わず指差し、おお~あったあ~!
飲料ケースにびっしり、冷凍ケースにはチン!の商品を見た衝撃(笑)

買い物カゴを持ち、たった一人というラッキーさから、競争心も消え
何度も周回し、ウロウロする、カメラに映ったらまるで不審者、、
店員のお兄ちゃん二人の視線をブスブス感じつつ、目はランラン!
きっと彼らはこう思ったハズだ、、

おいおい、この界隈で見かけないぞ、どこからやって来たんだ!?
まったくだよ、鼻息荒く異様な雰囲気だよな、このアジュンマは、、( ̄‥ ̄)=3

kumamon-2


恵まれている環境、、と言っても、我が家の傍にあるコンビニはおろか
スーパーは崩壊の倒壊、、どうしても買出しには車で出かけたついでに
立ち寄るホームセンターや、ドラッグストア、それも通常の時間じゃ
とんでもない渋滞と行列でとっくに品切れ、、トホホ・・・
頭カラカラの無い知恵を絞り、こうなったら、ようし、、
皆が寝静まった時に、ゴキ〇リの如く、動き回ってやる!(サササーーッ)

幸い、沢山の救援が物流となって行き渡り始め、次々に店舗も営業
集中していた混雑も、次第に分散している様子、、(ホッ)
消えない明かりの24H営業、、当たり前の時代に、こうも安心感を覚えたのは
きっと初めてではないだろうか、、

title_01
南阿蘇大橋-2


崩れ去った、美しき象徴たち・・・
でも、我々の記憶は消えない
地元県民は勿論、この地を励ましてくれる限りない拍手に
また始めよう、の力が湧いてくる、、きっと!

※遠く離れた場所から、見えないエールを沢山感じています
何かできることは、、という温かさ、、
新緑がそよぐ季節、その風に乗せて行き来する思い
空気を入れ替えた部屋から、感謝を込めて・・・reoポン

2016.4.20 15:20 





20160326_151
20160326_129


人吉に降り、霧島の湯に浸かり、終着地・鹿児島へ・・・
春の旅は、お天気にも恵まれて、気分も景気(?)も絶好調~♪

年に一度、それも一泊二日の限られた休日しか取れない強行な日程
三月という季節の動きは、諸々が一気に押し寄せる時期だ
それだけに、いかに混雑を避け、しかも短時間を過ごすため
充実&凝縮した内容を求めるか、、そんな我ら御一行(笑)

都会慣れしていない環境は、当然ながら大勢が集まる地に目は向かない
そうなると、残るはローカル一色、、これに絞られるワケだ

20160326_161
20160326_130
20160326_166
20160326_165


素人目線で言うのもなんだが、ワタシ、、撮り鉄、乗り鉄といった
いわゆるマニアの方々の気持ちが分かる気がする、、

今回の目玉とも言うべき、熊本~人吉間を結ぶ路線列車「いさぶろう・しんぺい号」
赤茶色の艶を帯びた綺麗な列車を、始発で見た時
まあ~何て可愛らしくてお洒落なんだ~!と思ったのだ

乗り換えた「はやとの風」は、黒が光る精悍なフォルムが魅力的☆
色を変えて望む、霧島~鹿児島への道、、
これだけで、すご~く贅沢な気分になるんだなあ~♪
(子供そのものだ・・・)

20160326_150
20160326_152


ローカルの魅力は、こじんまりとした車体に、走行するのんびり感
各駅停車に近い車窓の眺めは、地元で暮らす生活との距離
そして、その息遣いだ

目と目が合うほどの速度は、こちらに向かい手を振る人の笑顔を写す
そんな小さな感動を覚えながらの一時間は、癒され、響く振動が心地いい
普段に過ごす時間の数倍に匹敵し、あっという間どころか
実に凝縮された時間に思える

20160326_136
20160326_144
20160326_138
20160326_142


この日は土曜日、、休日ではないにしても、あまりに人が居ない・・・
ちょっと、みんなどこに行ったの???と親子と夫婦で笑う
駅前だ、と言うのに、何と車の一台もない状態って、、ありえん!!!
という訳で、無人の珍百景を3枚、、(笑)

田舎だ、、と嘆く我が地元の界隈も、たった一つしかない大手のデパに
四方から群集が押し寄せ、真っ直ぐに歩けない状態になる
そんな日常から、まるで異国に来たかのような不思議感 (((?0?)))

お天気も良いせいで、気分も景気も絶好調~♪
誰も居ない街中を当ても無いまま、まあ~トコトコと歩く歩く・・・
とは言っても、目的はお昼に目指した極上うなぎのお店な訳で、、わはは!
各地から訪れるという名物絶品を、たらふくの満腹~(^皿^)
うう、、苦しい~もう三日は何も食べなくていいわ、、(嘘つけ)


BlogPaint
20160326_148BlogPaint
BlogPaint20160326_155


三日は何も、、と言いつつ、ちゃっかり買うのが「駅弁」!
まだ未消化の30分後に、車内でパクつくんだからね、どーゆー腹だい、、
別腹とか言うのよ、、やっぱ、女は食い気よね~あ~やだやだ(笑)

そう、駅弁のおじちゃん、、この方、あの「マツコの知らない世界」で
有名になった「栗めし弁当」のおじちゃんなんだって!おお~ラッキー!
早速、カカ様とツーショット☆ いいお顔が素敵~♪
また来ますから~お元気で~(^^)

20160327_178
20160327_177
20160327_187
20160327_190

奥地に佇む、霧島の宿
ひっそりとした街に、上質な湯を求めての客足は多いはずだ
観光(スポット的)拘りはいらない、癒しの時間だけで充分、、と思わせてくれる

明けて向かった鹿児島(別名・錦江)湾
15分おきに行き来するフェリーから撮った桜島は、意外に綺麗に写った
ワタシのデジカメじゃ、機器よりも腕が問題なのだ、、ククク

途中の水族館でイルカのジャンプに拍手し、分厚い水槽からギョ達を眺め
最後になった土産選びにバタバタと焦り、、(乗車時間との闘いで)
何とかホームにセーーーフ!はあ~間に合った、、
・・・まったく、時間たっぷりって言ったの誰!?!?
(そんな夫婦のモメモメはいいから)((笑))

20160327_195
20160327_192
20160327_193

まもなく電車が入ります、、のコールに思わず撮った
そして、駅のパネルにふと思った

そうなんだ、、そうなんだよな、、ここから先に線路はない
入って来た車両は、最後尾が先頭となって出発する
ここが路線の始まりで、終わりなんだ、、
そう思っただけで、線が結ぶ場所と人の流れ、空気の匂いを感じる

狭い日本、、と言うけれどまだまだ知らない地が山ほどある
飛べない(飛行機無理人間)の我ら、、選択肢は地面、水面を走るものだけ(笑)
短くてもいい、ローカルの旅、特急の旅、新幹線の旅だ!
(あのねえ~JRのPRじゃないんだし、、)
そだ、JRさん?割引券くれる?宣伝したし、、今度貰いに行くからさ~

・・・ってなワケで、、

三月の終わりに走った、春のローカル線&新幹線ショート旅
これでおしまい~
最後まで、フォトのペタペタだらけだったなあ、、

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20160326_171
20160326_167


宿屋で燃えた「七並べ」
こういうシンプルなバトルは、無条件にハマる!
親も夫婦もカンケーない、自分が勝つまで止まらないのだ

くっそお~~!誰だ止めているのは!おのれえ~許さんぞ!
ポンポンポン、、♪モモから生まれた金太郎~などど、、バカを言い合い
浴衣をはだけ(おい)、布団に転げて歓喜する、、(ホントにバカだ)

優勝商品「ゆずみそせんべい」
お宿おススメだけあって、パリっとして、コクがあって、超ウマイ!
おかみさ~ん、ここでも宣伝したぜ~、今度送ってね~みそせんべい~♪
ウヒヒ!ポンポンポン、、ゆずから生まれた、、(もういいってば!)

=======☆=======

※桜開花、、全国縦断中、、ここ、熊本では見ごろピーク
そして、もう散り行く季節かあ~さくらって、色んな思いの花




i_sakura_uta03


春を招く縁起猫
夢を見ては、ほんのりと甘さにまどろむ・・・

新春の訪れと共に、変わりない日常を過ごすものの
やっぱり春の色は綺麗だ、、と思う

寒さ本番の今、まだ春の気配は遠い
それだけに、一足早く春色を飾りたくなった

今年のフォトは、招き猫
干支仲間から外されただけに、ミョーに親近感を覚える
群れを必要とせず、常に一人(一匹)で自由に生きる象徴は
世間の流れと無縁に過ごす自分と重なるようで、、わはは!
気ままで呑気な性格は、実はいざとなって慌てるのよね、、わはは!ゲホホ

TOPに掲げた春言葉

佇むニャンコが招く、縁起のいい春
夢心地でウトウト、どこかで香る甘い匂いに、まったり・・・

今年も、いい夢を見てのおしゃべりに、花を咲かせよう!

20110103121331063


んまああ~~もう~~美しいったらああ~~
いい笑顔~♪のCMでも来そうだわ~~せんせーーー!ヒューヒュー♪

((((ーーーーー ☆ ーーーーーー))))

ブツブツ・・・だってねえ~夢語る、、って、、
これ、一般世間じゃ、言うなれば正式な抱負みたいなものであって
ポン頭のワタシの夢っちゃ~ね~、、例えば・・・せんせを拉致したりして、、
せんせと、嚙み合わないままの生活をしたりして、、にゃははは!

ドラマを放り捨て、勝手な会話を押し通す「ありえない番外物語・一話完結」
(ちっ、完結だなどと偉そうに、いつも「その場限り」でしょが、、)

うひひ!


spring-prairie-preserve


いつもと同じ朝
仕事は午後からだし、所用を済ませてもまだ時間がある 
晴れ間を見込んで洗濯も終え、風に揺れるTシャツを眺め
見慣れたべランダの風景に、何か変化はないものか、と探す
コンクリートの隙間から、必死で茎を出す名も知らぬ草
今までは雑草お断りの頭で引っこ抜いていたが、彼ら(?)だって
生きているんだし、、と善人の極みをよぎらせる・・・
(いやいや、、ただの草取り面倒な理由だし、、

明日の予定にしていたヘアカット
よし、今から行こう!と腰を上げ、車で10分
行き付けの専門店は、ワタシの簡単なスタイルにベストマッチ
簡潔明瞭な注文で、スタッフのお姉さんの好印象を狙う・・・
(いやいや、、狙う相手ならお兄さんでしょ、、)
う~ん、、ワタシねえ、、実はサロンのお兄さんって苦手なの
男は好きなのに(おい)、、ああいう場所だと、、どうも、、
ずっと目を閉じていても、何か話さなきゃ?って、、その間がねえ、、
(で、、今日は、サロンの話なの?)

No、No・・・違うのよ、何もない日を祝う
つまり、何もないってことは、実に普段通りに過ぎ、変化のない日
それって、無事に過ごせた有難さ、、これ以上の幸せってない日
その普通さに乾杯の思いであり、少しだけの特別を頭の横に置く
そして、全てに感謝する日

朝から電話で話した実家の母、お天気のこと、お稽古友のこと
次の買物リストのこと、通ってくるノラ猫のこと、
TVガイドにチェックするマーカーは何色がいいか、のどうでもいいこと・・・
いつも他愛のない会話をし、最後は互いの身体を労う
そういう時間がいつまでも続いて欲しい、、と女同士の血は
親子を越え、いい話相手の年齢になった事を日々感じる

特別なことは何もしない、、我が家の日常は今年も同じ
食事だって、お出掛けだって、つまらないと思えるもの
しかし、当事者は何も思わず欲せず同士だから仕方がない(笑)

そんな中、遠く離れた場所から届くメッセージ
変わりない様子の文字と、綺麗なメロディカード
数行に込められた愛情溢れる温かさは、いつだって
癒しと励ましで包み込んでくれる

自分からは何もしない、いわば貰いっぱなしの身
それでいいのか、、と自問するだけで、何もできない、、
いいのかこれで?、、と思っても(ホントか?)
いいのよこれで、、と納得している、、(するなよ)

そういう嬉しさを味わう、何もない中の特別感
そして感謝する、いつもと同じ夜♪

thank%20you%20card1



このページのトップヘ