yurari time☆reoのアソート箱

ゆらゆらと、、気ままな遊泳を楽しむ時間



Valentinesdaytree




厳しい寒さが続いている

毎年、寒暖の幅は変わり、その原因と予報を前に
乗り切る覚悟を強いられる
住む地の違いで、一層の苛酷さを見聞きしては
地元の無難さに、安堵し、恵まれている、と感謝する

各地で遭われた被害に、少しでも早く無事な生活を
祈りつつ、赤い心(Heart)の温かさを贈りたい

春を待つための冬・・・
厳しさがあるほど、待ち望む先の光は輝くと思いたい


BlogPaint



キラキラの星を降らせる魔法のタクト
ん~~、、今年も、素敵な薫りを振り撒いてね、、せんせ・・・







P1000124

「福未」初春たより

新しい年のたよりに、可愛い福未を飾った

めっきり年老い、小さく細った手で何時間もかかった貼り絵
台紙はいらなくなった箱の裏 色包装紙や、広告の余り部分
フェルト端切れを集め、カットしたものを上手く合わせていく
干支絵馬のお手本は、これまたどこかのチラシデザイン
和紙の風合いも出て、とても上出来だ、と、褒めてあげた
何度も休みながら、集中の途切れに気晴らしの茶菓子を勧め
それでも、最後まで頑張った母 出来上がった色紙に
大きく手を叩く私に、嬉しそうに目を細めた
その手作りを思わず携帯カメラに収めた、今年の風景

穏やかに、いい時間が流れる日々でありますように
今年もよろしく、、め~~~




ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!


P1000122

そう、感動だった・・・
何度も違う、新たな感動、、

久しぶりの再会が、それを一層深めたのだ
そして、やはりマジックのせんせ、、
横島マジックは健在だった!
P1000121

1・・・「癒し編」

演奏会の始まりは、児童合唱団による
「第九」とのコラボレーションだ
オーケストラの演奏が重厚に響く
そして、子供たちの混声が広がる、、

第一声を聴いて、思わず身体が浄化される思いになった
何て美しい声なんだ、、!ホールに響く澄んだ歌声は
聴く者の心に沁み、全てを包むようだった

プログラムには演奏曲目がない
これは、第九のフレーズをベースに混声の歌が、代表的な
童謡を4曲歌うもので、出だしで初めてその曲が分かる仕組みだ
編曲の慈恩 玲乃さんが紹介され、拍手を浴びた
そして、演奏が始まり、澄んだ声がその曲を知らせる

a2014-5-3elephant-baby
B4VqM09CcAAgl2k
133929276683513114639_5927304d306a53e466428a08
kuarausagikuarausagi

オーケストラの間から、後方の子供たちの顔が見える
大きく口を開け、一心に遠い指揮者のタクトを見つめ歌う

象さん、象さん、お鼻が長いのね、そうよ母さんも長いのよ・・・♪
線路は続くよ、どこまでも、野を越え山越え、谷越えて・・・♪
大きなのっぽの古時計、おじいさんの時計・・・♪
僕の大好きなクラリネット、パパからもらったクラリネット・・・♪
皆がよく知るフレーズは、子供たちだけではなく
大人も思わず笑顔になり、リズムに揺れ、口ずさむ

そして、指揮者の横島先生は一緒に歌う、、
大きく手を上げ、広げ、その顔を端から端まで見ながら
美しい歌声を心から味わう、、その笑顔が本当に優しい

うう、、何て素晴しいんだ、、!身も心も浄化される、、!

‘‘こどものための交響歌児童合唱団’’
と、あるだけに、慈恩さんの編曲に感動だった
方や、第九のフレーズがベースで流れ、それに童謡が加わる、、
初めは、どういう曲になるのか、分からなかった
テンポも変え、ジャンルも越え、オーケストラが奏でる
斬新にも似たジャズっぽさも、これまた新鮮!
しかし、見事に融合し、流れるように一体になったのだ☆

素敵な感覚に、会場の拍手は大きかった
笑顔にしてくれた子供たち、変幻自在を演じた楽団、、
優しい眼差しで導いた指揮者、童謡とクラシックの世界を
深き感動に編集し、広げた作者

第一幕は「癒し」のステージだった☆

P1000119P1000120

何度も味わった曲、、
しかし、やはり違う、、それは何だろう、、

2・・・「重厚編」

横島せんせ(先生なんだけど、あえてここでは、せんせ、、(笑))
そのフォトが一新したのも新鮮だった
せんせのHPも美しく開設→NEW♪
(おお、、ワタシって宣伝部長だ!、、違います!)
そんな雰囲気もあってか、何かが起こる、、と、予感させるもの

それはまず、再会したフレンドの小豆さまから聴いた内容だった
都心の演奏会で、これまでと違う感覚の楽章だった、、
おお、、どんな?なぬ、、別の曲みたい、、?
ムムム、、何かが起こるのか、、?感動マジックの始まりだぞ
ドキドキ、、バクバク、、そんなカンナで、せんせ登場~☆

ひゃああ~~、、やっぱり素敵!せんせ、細身のヒラヒラがあ~~、、
(ダメダメ、、こんな話は後記に書こう、、)

立ち姿に惚れ惚れしつつ、気が付く
せんせの前に譜面台がない、、一切を無くし、まるで舞台のような壇上
せんせのマジックは、一体何を見せるのだろうか、、
うわうわ、、何の予感なの、、?ここですでにドキバク中、、
で、、第一音が静かに幕を開けた、、
低く、す~っと伸びていく音、、しかし、少しだけスロー、、?
そうは言ってもド素人の頭は、あまり気にもせず第二楽章へ、、
しかし、ここで変化を体感する
聞き覚えた速度よりも遅い、、やはりスローだ!
ん?んんん??んんんーーー、、うううううーーーーー、、、
と、何とまあ意味不明な心のうめき、上手く表現もできん、、
ワタシの言葉じゃ、音符の意味も分からないし(++)
とにかく、弦楽器を始め、全ての音に我慢を感じた
それだけに、伸びと力強さ、、うねるような空気

「第二楽章・・・モルト・ヴィヴァーチェ この楽章の特色は、速度が
極度に速く、この交響曲中、最も優れた楽章である」

せんせの意図したマジックは、その逆に思えた
ヒラヒラに目を奪われた頭は消え、途中から目を閉じ
心のうめきは、音の重厚さに重なっていた
広がる別の世界、、曲に込められた祈り、希望、喜び、、
歓喜の歌へ続く物語は、多くの血と涙と自然の力に屈し
それを乗り越えてこそ、道が開ける、、と、説く

P1000120P1000118

「おお、友よ、このような音ではなく、私たちはもっとこころよい、
もっとよろこびに満ちたものを歌いだそうではないか。」

お馴染み、バリトンの谷さんが雄叫び、会場は一気に
壮大な曲のメインロードを、共に走り出す、、

テノールの猪村さん、アルトの小林さん、ソプラノの高田さん、、
ソリストの声は圧巻だ、、それに美しさも加わる
前から二列目で、ポカンと口を開ける気分だ
この空気は、会場のどの位置に居ても響くだろう
それ程に、声量を誇るオペラの偉大さに感服する☆

メインロードを盛り上げる合唱団
今回、この合唱にも明らかな違いを感じた
今までもよかった、しかし、今まで以上に、もっとよかった!
それは、強さだ 力強くて大きな世界、、
人数の問題ではない、発声の段階に幾度も重ねた練習と努力
積まれた見えない過程こそ、開花した瞬間だ☆

第四楽章「歓喜」、、L.V.ベートーベン作曲
交響曲第九番二短調「合唱付」作品125

ワタシの中で、横島マジックの指揮による重厚な展開は
闇の余韻を残しつつ、人々が歌え踊れ、と、歓喜するさまを
一層、濃厚に演出し、これまで演目を見聞きした自分の
感覚を、ひっくり返すかのような衝撃になった

そうか、そうだったのか、、そうだよな、、うんうん、うーーーーーん、、、
うわあああ~~~、、やっぱり、せんせ、、かっちょええ~~~!!!
と、最後はいつも以上に、抑えの利かぬ胸の中で叫んでいた

感動マジック!重く、濃厚で、深く沁み渡る、、
余韻冷めやらぬ12月の空気は、冷たくも燃えていた☆

ーーーーーーー 後記 ーーーーーーー

いやはや、、騒ぐんだなあ、、やっぱり、、
だって、せんせったら、素敵なんだもん、、
ワタシの初交響楽団&演奏会デビューが、この地、佐賀な訳で
いわば、お出かけする、、よりも、ホームに帰るような感覚なんだな
それでもって、再会の友、小豆ママ&娘ちゃん、息子くんの成長も
ある訳で、小さい頃から数年ぶりの変化に、感動を通り越し
驚きと、わが身の老いによろめく、、ククク!

新しい志向を感じた、、今年は何か起こる、、
そんな予感を前に、フレンドの小豆ママと娘ちゃん、そしてワタシは
「どストライク位置」である、前から二列目の指定席☆
これぞ鉄板ポジション!燕の尾、斜め45度角(ホントか?)

楽団の顔ぶれも馴染むせいか、壇上に投げ掛ける笑顔
(誰もこっちなんて見とらん!)
バイオリンのJ先生~、、ひゃああ~~綺麗!
ワタシ、すっかりファンですから~~!
(こらこら手を振るんじゃない!)

楽屋突撃も恒例で、さっさと歩く違和感なしの行動に
すでに、関係者と思われる雰囲気が、、
ここで ‘‘そわなよ’’ してたら、時を逃すのじゃ、、!
バイオリンのJ先生に、ご挨拶&感動のお礼を言い
またの再会にハグハグ、、(最後まで、怪しい観客だ、、)
そこから、マジックせんせの楽屋にドスドス歩く、、
「指揮者 横島勝人様」
ドア横の名札(?)に、思わずゴクリ、、
今年は、小豆ママと娘ちゃんとポンの三人
それの最強が、娘ちゃん、、(おっと、ここだけのシー♪
コンコン、、ならぬ、ぐーでドスンドスン、、!アヒヒ、お手手痛くなかったケ?
あまりの低音とパワーに、せんせの即答~、、はーい♪
慌しいお時間なのに、これまたドアの向こうに零れる笑顔☆

あひゃああ~~~!せんせ!どうも!お疲れさまでした!
感動でした!よかったです!凄い!今年は何だか凄くて!
(具体的にどうだ、、って、言えないのか!)
わわ~~もう!とにかく、良かったああ、、!お天気も良くて!
(バカ!天気が何なんだ!とにかく、、って、、)
はああ、、もうねえ、、何て言うか~(、、って、ババアの会話じゃん)
あ、そだ!せんせ!サイン!(ちっ、こんなのはちゃっかりしてるよな)
そこでせんせが仰った、、「写真、変えたんですよ☆」
わは~そうでしょ~?HP拝見しました、素敵でしたねえ~、、
「そうですか、有難う☆」 せんせとの会話は
小豆ママと、娘ちゃんのバイオリン話題、そしてJ先生との
繋がりから、後は合唱団への参加と、夢の親子舞台が
目に浮かぶ、、それに、ポンのババア会話が絡み
せんせの頭は、きっと大忙しだったハズ、、
でも、最後まで笑顔キラキラを振り撒くせんせ、、うう、、素敵過ぎる!

それじゃ、せんせ、どうぞお元気で!
バイバイと手を振る子供のような我らに、せんせも
 お土産を抱えた手を両方で振って、バイバイを返す、、
 わわ~~ん、、せんせ、、何てフレンドリー!!!
そして、再会の地の夕暮れ、小豆親子との別れに
ホコホコの気分で、駐車場まで肩を抱き合い歩く、、
あれこれのエピソードと、新たな感動&笑いの余韻に包まれ
我らの歩きは、まるで酔っ払い、、(笑)
ヒーヒー笑いを堪え、膝までがガクガク笑うのを堪え
異様な姿に映っただろう、、とてもクラシックを鑑賞した観客とは
思えない、、(もう、この地に来ないで!)、、だよな~わはは!

これから先、横島せんせは、都心での公演が予定されていて
丁度のシーズンに、また美しい都会のイルミに映える
感動のマジックを見せて下さることだろう☆

最後に、チケットの手配から、アクセスへの心遣い
温かい出迎えとお見送りをくれた、小豆ファミリーに感謝を!
そして、九州の皆さま方、この場をひっそりと見守って下さる皆さま
その思いを感じ、またいつかきっと会おうね~の、思いを込めて

ふええ~~、、ここまでの果てし無く、長~いお付き合いを有難う!
By.reoポン

06





ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!



disc8-2 (2600)
disc8-2 (2907)


・・・・・・。 ・・・・・・・。

声を発しない背中、声を掛けられない背中、、
指揮をする自信に満ちた、あの真っ直ぐな背じゃない

膨大な感情が、この背の向こうに渦巻いている
ギュルルルーーー、、高速回転の渦となって
今にもシュッ、、と、消えてしまいそう、、

消える前に、思わず掴まえたい背

disc8-2 (2600)
disc8-2 (2907)


そう、、ピタッ、、と・・・
壁のような背に、貼り付きたくなる

そんな願望を見せるのよ、このせんせの背中は!

落とした肩が、なだらかなライン
あまりの綺麗さに、すす~っと、お手手でさすさす、、
コートの上からも、うっすらと見える肩甲骨の位置がねえ、、
もうもう!素敵じゃないの~~!!!


BlogPaint


そうよ!肩甲骨クッキリ!
せんせが骨になったら、きっとこんな感じよね、、
(あのなあ、、骨は誰でも同じじゃね?)

ホホホ!、、ホネ、ホネ、画像にあったわ、まっちろ!なホネ
あんまりリアルなんで、カメレミョン色にしたの~♪
それで、綺麗なスノーを降らせてね、この時季だし
クリスマスが似合う、せんせのホネよ~うーん、素敵!
(意味分からん、、)

でもね、やっぱりホネにピタ、、したら、痛いじゃない?
だから、せんせは沢山着てる方がいいわ
うーーんと厚着でね、でも、タイトな着こなしは
服の上からもボディを感じるのよ、、あひゃひゃひゃ、壊れそう~!
ドキドキな、その壁の背にピタしたい、、


disc8-2 (2600)


せんせ、、?今日は振り向かないでいいのか?ですって?
ダメダメ、向いちゃ、、本日の撮影は「背中」ですもの~♪

「はい、カーーット!OK!
せんせ~お疲れ~~、、じゃ、衣装脱いでいいですよ
え?自前だから、脱がない?あ、っそ、、



 キラキラ、素敵せんせの冬がやってきた☆




ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!



vlcsnap-2011-09-16-03h52m09s238


どこまでも走る名探偵
それを支えた、否応ナシの巻き添え的、相棒・・・


fullsizephoto145678
c5847fca


探偵の男っぷりと、変幻自在を際立たせたのは
ぽつんと佇む、変な相棒・・・


caps-2243
vlcsnap-2011-09-16-04h00m55s113


顔も声も、自由自在、、
‘‘変幻カメレみょん’’とは、この人だ
まさに、虹色のようなグラデーション☆


994927b2
hqdefault


そして、更にその上を行く、変幻自在の名相棒・・・
最高にして最強!の、このキャラは
ボソッと呟き、一瞬の表情にツボをばら撒くのだ

煌びやかな虹色の光沢に、ジャリジャリの濁りを混ぜる
助演とは、、の、真髄を見せてくれるような人
ワタシ的に、そんな感覚を覚えるのが、この人なのだ☆

いやあ~さすがです、ダル師匠!やられましたよ!
今更何だ!?の声が聞こえそうですが、、
見れば見るほど、小さな所がね(あ、背丈じゃないよ)
嵌る作品だってコトが、よ~く分かるのよ

うん、だから、名探偵が放さないはずよね♪


fullsizephoto149213


何度も笑える、この二人・・・
これからの季節に、ピッタシの寄り添い人☆


※フォトは各方面から~



このページのトップヘ