yurari time☆reoのアソート箱

ゆらゆらと、、気ままな遊泳を楽しむ時間


spring-prairie-preserve


いつもと同じ朝
仕事は午後からだし、所用を済ませてもまだ時間がある 
晴れ間を見込んで洗濯も終え、風に揺れるTシャツを眺め
見慣れたべランダの風景に、何か変化はないものか、と探す
コンクリートの隙間から、必死で茎を出す名も知らぬ草
今までは雑草お断りの頭で引っこ抜いていたが、彼ら(?)だって
生きているんだし、、と善人の極みをよぎらせる・・・
(いやいや、、ただの草取り面倒な理由だし、、

明日の予定にしていたヘアカット
よし、今から行こう!と腰を上げ、車で10分
行き付けの専門店は、ワタシの簡単なスタイルにベストマッチ
簡潔明瞭な注文で、スタッフのお姉さんの好印象を狙う・・・
(いやいや、、狙う相手ならお兄さんでしょ、、)
う~ん、、ワタシねえ、、実はサロンのお兄さんって苦手なの
男は好きなのに(おい)、、ああいう場所だと、、どうも、、
ずっと目を閉じていても、何か話さなきゃ?って、、その間がねえ、、
(で、、今日は、サロンの話なの?)

No、No・・・違うのよ、何もない日を祝う
つまり、何もないってことは、実に普段通りに過ぎ、変化のない日
それって、無事に過ごせた有難さ、、これ以上の幸せってない日
その普通さに乾杯の思いであり、少しだけの特別を頭の横に置く
そして、全てに感謝する日

朝から電話で話した実家の母、お天気のこと、お稽古友のこと
次の買物リストのこと、通ってくるノラ猫のこと、
TVガイドにチェックするマーカーは何色がいいか、のどうでもいいこと・・・
いつも他愛のない会話をし、最後は互いの身体を労う
そういう時間がいつまでも続いて欲しい、、と女同士の血は
親子を越え、いい話相手の年齢になった事を日々感じる

特別なことは何もしない、、我が家の日常は今年も同じ
食事だって、お出掛けだって、つまらないと思えるもの
しかし、当事者は何も思わず欲せず同士だから仕方がない(笑)

そんな中、遠く離れた場所から届くメッセージ
変わりない様子の文字と、綺麗なメロディカード
数行に込められた愛情溢れる温かさは、いつだって
癒しと励ましで包み込んでくれる

自分からは何もしない、いわば貰いっぱなしの身
それでいいのか、、と自問するだけで、何もできない、、
いいのかこれで?、、と思っても(ホントか?)
いいのよこれで、、と納得している、、(するなよ)

そういう嬉しさを味わう、何もない中の特別感
そして感謝する、いつもと同じ夜♪

thank%20you%20card1





20111010_17_01
20111011_31
20111001_100
20110926_1920110926_19
20111001_9820111001_98
P1000032_0120111011_74
20110913_2220110913_22
P1000047P1000047
20110831_0720110831_07
20110918_6220110918_62


あなたがいれば~ああ~あなたがいれば~~♪
歩いてゆけるう~~この葛藤砂漠う~~♪
(名曲「東京砂漠♪」に乗せて歌ってみた)

・・・その昔、2011年に綴った葛藤の数々、、
モシッタ男たちの物語は、語り継がれる伝説の如く
頭の中でぐるぐると巡り、思い出し、時が過ぎても
未だに、インプットされたままで続いている・・・☆

と、書けば聞こえはいいものの、、
何せ、冒頭で歌ったように(笑)、葛藤の意味が違うのよね、、
遡って浸ると、あの頃のヨロメキが沸々と蘇る、、
頂いたコメントにHITしては、その倍以上のテンションで
バカを振り撒く自分に自分でツボる始末、、ヒヒヒ!

それもこれも、モシッタ男らのドラマは何てったって104話
1話に対してのキャプ数が、少なくとも20枚はあったとする、、
(少なくだから、実際は50枚はあるはずだ!、、って、テキトーなアバウト数よね)
そうすると、膨大な数のシーンが、これまたスロー再生のように嵌るのだ
ってコトはもう、毎回ビョーキが発生し、感動の歴史的大戦物語を
とっくに忘れては、別の世界に話が盛り上がるのよ、、ヒヒヒ!

え?それってワタシだけ?それも勝手に別の世界に行くだけ?
あらそう、、(納得するんかい)


P1000088


1話の始まりから引き込まれる
国同士の争いを越えた、一人の男の姿に打たれ
何度も行き来するその身が浮き沈むさまは、観ていて痛々しかった

その合間に、とんでもなくツボる要素、、
これは、作品が意図したものではなく、ごく自然に描かれているもの
なのだが・・・しかし!笑えずにはいられない
「泣けて笑える」が同時に起こる物語は、そうはない(笑)

数を挙げればキリがないが、例えば、そうねえ~ワタシ的にこの1枚、、


20110918_16


加藤さんの髷ね、、はじめはトリのモモ肉かと思ったわ
こんなに跳ねてさ(笑)、こういう結い方も難しそうよね、凄い頭だわ、、

要所で大きなリアクションも登場し、ジャカマシーンの異名を取る
ワキジャカさま!あの豪快な笑いも、その一つ☆

思い出しては砂漠の104キロを歩きたくなる、、そんな物語だ





fractalius_wolf___howl_at_the_moon_by_minimoo64-d64hy34


暦は6月、、ジメジメの季節だ

タイトルといい、メラメラ光る狼のフォトといい、、ははは・・・(++)
何かに向かって吠えたいのか!?と問われるよな~〇▼×#
(この狼の吠え姿って、好きなのよねえ~、何かこう、ギュ~ンとなるんだわ)

いやいや、、ここでは、ただただ単に呟くだけなのだ♪

忙しい中でも、好きな事(つまり何か、、を書いていること)
その時間と頭の渦は、いい感じで混雑の巡りをしていて
あれこれ、、の目を使っては、気分も散漫、、(これもいい意味で)

あ~あ、、圭クンがアウェーの洗礼を受け、沈んじゃった、、
毎回、確実に成長している、その姿を応援しつつ
やっぱり、どこまでも試練なんだ、良くも悪くもこれで終わり、、じゃない
何度も勝ち進む度に、壁が立ちはだかり試練が待っている
それでも、切り替えてまた挑む、、それが好きだ☆

色々に重なる姿は、自分の試練にも置き換えてくれるようで
励みにもなる、、とは言っても、自分の物事なんて、とても試練と
呼べるようなものじゃなく(笑)、、プロの世界の華と厳しさを見ては
これくらい何だ!負けてたまるか!の日常意気を刺激する
(・・・何も勝負頭にならなくたって、、どこかズレてるのよね、ワタシ、、

Disc7-3 (395)


せんせの動きも気になりつつ、、(どの時点での動きなんだ)
「呼びたい時」だけの会話に付き合わせる感じになっちゃって、、(笑)
すっかり遠くに、、と思うんだけど、自分の中ではそうではなくて
・・・ってゆーか、一向に進まない過去のまんま、、止まったままなのよね

とっくにドラマも捨て、妄想会話でしか動けない
それに始まったワケだから、仕方ないっか、、ははは!
いくら梅雨だからって、ジメジメと、何を言いたいんだ(++)

hqdefault


せんせが言った(ドラマで) 「地獄に落ちますよ、、」

インパクトのある言葉が、とあるアニメと重なった
せんせとは何の関係も関連もない、全くの別世界なんだけど
ワタシを揺さぶったアニメーションならではの美しい世界
ドラマティックに描かれる日本のアニメの質感は、本当に美しいと思う☆

挿入歌がどれも素晴しい
中でも、耳に張り付いて離れないフレーズがある

いつだってゆきどまりで 決して逃げられない
空の鳥に かなしみ乗せ 飛ばすの

ここは かりぬい 私を縛る永遠
行きも帰りも 過ぎてゆくは 夢・・・

フィクションの色は、たとえ現実に結びつかなくても
何かの重なりを感じさせてくれる、、と思っている
がんじがらめの現実、、仕事、家庭、理不尽な物事は
自分の中の、また世間一般の感性に響き、感情を戒める
どこにも行き場のないもの、、それを代弁するかのようなフィクションに
現実逃避を楽しんではまた、切り替えの日常に戻る

言い換えれば、ひとが持つ感情の起伏
常に切り替え、切捨てて、我を保つ・・・
その試練を繰り返す、、って事になるような気がするのだ☆

結局、書いた本人にも意味不明な今回なのよね~
ま、こうしたジメジメの呟きも また楽し、、うしし、、ってコトで・・・♪
※尚、呟いたワタシの現実は、いたって健全です!
、、え?誰も心配してない?わはは!



38b892a9f2fdf005a562f309983c34d5-710x434 
イルカウォッチング赤ちゃんの顔
20130826150218

可愛い赤ちゃんイルカ♪
お母さんイルカにぴったりくっ付いて、顔を出した

3月の終わり、風が少し吹いたものの
お天気抜群、ウォッチング日和~♪

1394701356_2
6-620x290


こんな感じで、ビュンビュンクルーザーに乗ってのイルカ見学
地元で有名なスポットなのに、未経験な身としては
気になりつつも、はたして見れるんだろうか、、などど
頭を傾ける性格、、クッ!ヨリヨリの捻じ曲がりだ

しかし、遭遇率99%とある・・・そんなに高確率とは、、
しかし、もしも、我が残りの1%に大当たり~!だってありうる訳よね?
もしも、、が、今日だったら、どーする?
払い戻しはしません=再チャレンジ券を発行
・・・んな、再、、って言われてもね、再予定もね、困るのよね、、

っと、まあ~行く前から、ケチを付けっ放しじゃないかーーー!
(そんな心配も、ケチも、吹っ飛ぶホドの大成功だったのにねえ~)

main_13_b
a4


うわ~ん、、居る居る~~どれだけでもイルカよ~居るかよ~
わははは!凄い!すごーーーーい!感動の叫びだ~素晴しい~!
遭遇率99.999999、いや、100にしてもいいよ、うん!

スポットもあるらしいが、何せ野生のイルカ一家は
回遊して餌を探し、動き回っているせいで
クルーズの思うようにはならない、それが本来の姿だしね

この辺りの漁は素潜りの漁法で、貝やサザエ、ウニなどを獲るため
魚を食べるイルカ一家と漁師さんは、取り合いのバトルにならず共存できる
だから、この場に定着して子育てし、一年中群れで姿を見せてくれるのだ

種は、ミナミハンドウイルカ(南半道海豚)
人懐っこくて、どんどん集まってくる、、と思いがちだが
それはクルーズが探しに出掛け、群れを見つけるからで
船長さんらは日々連絡し合い、どの辺に何頭居るか、の情報交換をする
そのため、高い確率でウォッチング出来るワケだ

iruka1
天草のイルカウォッチング群れ写真

野生イルカの泳ぎを間近で見るのは、勿論初めて
よく海外TVで見かける外洋のイルカのイメージから、高速ダッシュで
泳ぐんだ、と思っていた ところが、仲間のサインを待つ間なのか
お腹いっぱいでのんびりするのか、実にゆっくり泳ぐのね~
するする~っと、しぶきも波も立てずに泳ぐ、その流線型が美しいの何の!

キャーキャーと子供の如くはしゃぎ、手まで振る我らに
優しい眼差しで視線を送るような彼らを見ては、もう感動で涙が出る思いだ

そして暫しの癒しをくれた後、一気にスピードが増し泳ぎが変わった
そう、餌となる魚群を見つけたサインなのだろう、どんどん船を離し
遥か先へと泳ぐイルカの群れ、それに別のグループも次々に加わり
大きな集団となって泳いでいく、、ああ~どれもみな美しい~☆





20121010001734
5495f58149fa53d176b6ef3269865bc9


実は、動画を回したものの、、手ブレもフォーカスも上下左右、、
だから、地元で画像をUPされた美品の数々をお借りした
ワタシが体感したのは、実にこの通りだったのだ

動物好きの母娘日帰り旅、春を満喫したウォッチングDay~♪


6aWDp

あひゃッ!飛んだモ~ン♪





Prairie-Canada


季節は違っても、輝く光は変わらない
空も、雲も、幾つもの色を見せては
揺れ動く心に、いつも寄り添っている

3月の空へ、想いを馳せる時
それは、いつまでも忘れないことへの誓い
色々なものを一緒に集め、思い出し、懐かしむ

ひとは、決して強くなれない、、ワタシは、そう思う
悲しみを受け止め、乗り越える、なんてことはできない
どこまでも悲しくて、胸が痛くて、時は止まったままだからだ
進まなくては、と、いう気持ちと、周りの励ましに背中を押されては
自分だけじゃないんだ、と、改め、強くなろう、と、前を見る
そう思いたいだけで、蓋をしたり、栓をしたり、何かの力を借りて
日々違うものを見ている そして、僅かの隙間から入り込む
もろくて弱い心 今にも壊れそうな器に溜まった一杯の悲しみが
溢れ出すことが怖くて、その壁を押さえ、必死で背を向け
忘れているかのように、日々を動く、、

そんな押し込んだままの苦しさに気が付き、自分の中に
秘めたものを思う存分流し出したい、、そういう時がどこかにあって
向き合う自身の心身バランスを、コントロールしてくれる
と、ワタシは思っている 自分がそうだから

3月の忙しさは、逆にそういう状態に置かれる月
慌しくて、嬉しくて、悲しくて、喜哀を行き来する毎日に思え
自分の精神が、ものすごく忙しい
そういう時でも、必ず目にする彼らの顔に心の会話をする
内容も気分次第、実に勝手で都合のいい会話だ
それでいいと思う、、思うしかないのだ、、
なくして初めて自らの弱さを知り、心から涙を味わった
だからこそ、楽しく笑える日が沁みる

何かの力を借りて・・・
その形は様々でも、自分の明日のために必要なもの

巡る月日は思い出を重ね、さらに深く刻む
何気ない時がもたらすものへ、そして、癒しをくれる
全てのものに、この場所から感謝を込めて☆

2015・3・11の空に

baby-deer




このページのトップヘ