yurari time☆reoのアソート箱

ゆらゆらと、、気ままな遊泳を楽しむ時間



BlogPaint



ただ、言葉もなく、独り

その心中を探ろうとも、決して見えないもの
視線の先を思い、男の世界に今また、胸馳せるとき・・・







遠き声を求めつつ、歩み寄れない
戻ることを信じて、互いが伸ばした手

いつか、きっと、、でも、今は、まだ・・・



BlogPaint
BlogPaint



動かぬひと 独り
その胸は、深く、熱く、、



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


過去に飾った、美しいフォト
動かない男に、観る側は動けなくなった

流れとしては、別館である無人島(fidji)に置くべきだろう
しかし、マエストロとしての雰囲気と、べバ♪というドラマを傍に
どうしても、此処で語りたい、、と思った

楽曲も、全く関連のないBGM的なもの
でも、それがいい場合だってある(と思う)
借り物の音楽は、そのうち消えるかも知れない、、
それでも、今を味わえればいい

個々の目線だけ、未だ広がりを見せ続けるドラマの凄さと
佇むだけで、無限の世界を見せる男の素晴しさ☆

何度も振り戻っては、動かぬフォトに引き込まれる
言葉のなさが醸し出す、自分仕様の薫りに酔う季節(とき)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


過去(2013年)に遡って、浸っていた今日、、
その時のフォトは、背景を消した(加工した)ものの
決して完璧ではなく、全くの荒削りだった

それで今回、再チャレンジ!
何度も線を細くしては、重ね、の繰り返し
そうは言っても大差はないけど、自分なりに少しは綺麗?(汗)

だってねえ~このフォト、、そりゃ~もう、凄いんだもの~
観る側を動けなくする、、それがマエストロなのよね

・・・え?今日はいつもと違う?
・・・ちゃんと、マエストロって呼んでるって?
・・・あら、そいじゃ、せんせ、、の方がいいの?
・・・ねえ、せんせ?そうなの?あれ?せんせ?もしもし?もしもし?
(、、って、電話できるんかい!




i_sakura_uta03


春を招く縁起猫
夢を見ては、ほんのりと甘さにまどろむ・・・

新春の訪れと共に、変わりない日常を過ごすものの
やっぱり春の色は綺麗だ、、と思う

寒さ本番の今、まだ春の気配は遠い
それだけに、一足早く春色を飾りたくなった

今年のフォトは、招き猫
干支仲間から外されただけに、ミョーに親近感を覚える
群れを必要とせず、常に一人(一匹)で自由に生きる象徴は
世間の流れと無縁に過ごす自分と重なるようで、、わはは!
気ままで呑気な性格は、実はいざとなって慌てるのよね、、わはは!ゲホホ

TOPに掲げた春言葉

佇むニャンコが招く、縁起のいい春
夢心地でウトウト、どこかで香る甘い匂いに、まったり・・・

今年も、いい夢を見てのおしゃべりに、花を咲かせよう!

20110103121331063


んまああ~~もう~~美しいったらああ~~
いい笑顔~♪のCMでも来そうだわ~~せんせーーー!ヒューヒュー♪

((((ーーーーー ☆ ーーーーーー))))

ブツブツ・・・だってねえ~夢語る、、って、、
これ、一般世間じゃ、言うなれば正式な抱負みたいなものであって
ポン頭のワタシの夢っちゃ~ね~、、例えば・・・せんせを拉致したりして、、
せんせと、嚙み合わないままの生活をしたりして、、にゃははは!

ドラマを放り捨て、勝手な会話を押し通す「ありえない番外物語・一話完結」
(ちっ、完結だなどと偉そうに、いつも「その場限り」でしょが、、)

うひひ!


3802237771_2c1221894a_z


今年もあと僅か、、

自分の中では、ただ単に日付が変わるだけの頭なのに
やはり、年の締め括りだとか、新年の始まりだとか、周りの諸々が
そういう波を起こすうえで、自然と波乗りし、浮かんでいる気分

さあて、、その締め括りとなった、この「ゆらゆら号」(とうとう乗り物になったか)
yurari time☆の最後は、呟きになりそうだ

これまで、あまり自分の日常的なものは書かなかった
そういう部屋は別にある、として、どうしても自分の拘りと括りがあったのだ
しかし、今となっては「時の熱」がどこかに浮遊し、旅ガラスの如く
あちこちをふらつく始末、、ククク、、どうにもならん性格よね

それで、ほったらかしのせんせ、、だったり、104話への叫びだったり、、
はたまた、サイドで嵌った仲良し兄弟&怪しい二人 だったり、、
(おい、サイドって何だよ、俺ら脇者かよ、、とそれぞれの訴えが聞こえるわ・・・)

101128-1
20111011_50
img_574356_25925310_020110202-1


そういう彼ら(笑)に、どっぷり、、は、なくても、忘れはしない、、
かと言って、情報も食いつかず、ただただ思い出しては、自己流で
遊んでいる、、(ワタシの頭じゃ会話、それ=イコール、遊びだ)

進むこともせず、懐かしみ繰り返す
古巣の小屋(thovena)も、ドアは開いたままだし(笑)
頂いた爆笑もののコメントにこれまたHITし、また新たな物語でも、、
と、いらぬ妄想創作のスイッチが灯るのを、必死で抑え(ウソつけ)
今年も、ゆらゆらと過ぎて行った感じ、、

今年こそは!来年こそは!の希望も目標も、何~にも持たない人間は
きっとまた、このままで行くだろうな~♪

Water-Drops-On-Sheet-Music


そう、、毎年(12月)恒例だった、さが第九公演
素敵オーラの横島せんせが振り撒く、大感動マジック☆
そして、再会の喜びを分かち合うフレンドの小豆さまとスーパーキッズ達、、
まるでキラキラが降り注いだかのように美しい、ヴァイオリンのJせんせ、、

その姿を、今年は見る事が出来なかった
私事都合と体調不良が重なり、どうしても無理を押すことが出来ず
何度も通い、走り慣れた高速の旅路を断念した

P1000117


しかし、音も空気もあの時のまま、目を閉じ耳を澄ませば
感動のシーンが、まるでついさっきのように映るのだ

自分で自賛じゃないが、リアル描写で書いた当時のレポート(笑)
それが物語るライヴの再現♪ 時が経っても忘れることのない思い出

fields_of_gold_2


暦ごとに何かの思いを書き、声はなくとも頷いて頂く、、
その感覚を感じては、何度も止まり浸っている

息をも忘れ走りまくった当時のワタシと、トラック競技場的ブログ(笑)
その白線ラインを外れて座り込み、ず~~っと休憩している自分が居る
でも、今はそれが心地良くて、楽ちんなのだから、仕方がない
好きな物事に対し、元々、追っかける意欲も、流行も興味がない
自分流のツボさえあれば、それでいいのだ☆

その「流」を探しに、ゆらゆら号は遊泳中~♪

今年も沢山の有難うを!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

じゃ、最後に、せんせから一言、、

5e2bd45b-s5e2bd45b-s

・・・・・。(パサッ)

・・・暮れの年末大バーゲン、、だそうだ
このチラシを持って行けば、更に10%OFFだ

あの~、、せんせ?一体、バーゲンで何を?

5e2bd45b-s5e2bd45b-s

・・・それを聞いてどうする、、言えば買ってくるのか?

は、はあ?じゃ何?ワタシにパシリしろって言うの?

・・・だから、言わない方がいいだろ?

え、ええ~?それって、逆に聞きたさを煽る「手」なんだわね、せんせったら!

5e2bd45b-s


・・・どうなんだ?聞くのか聞かないのか?

ふう~ん、やっぱ聞かなくていいわ、そいじゃ、せんせ、元気でね~♪(バタン)

・・・お、おい、バーゲンだぞ、いいのか?
お前の好きな、いや、俺の、いや、私の好きな
デパ地下名物、高級グルメ市だぞ、、

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

振り返り日記ならぬ、見返り呟きせんせだった・・・(笑)




50afb0f8
50afb0f8


巨大スクリーンに映る指揮者

視界の先に広がる、選ばれし者の姿だ

華やかな都心を、一層彩る季節
スポットに照らされ、今にも動き出しそうな美しいせんせ、、
うはあ~~、、これが信号待ちの交差点なら
ずっと渡らないままで、じーーーっと見つめるのよね

行き交う人が次第に増えて、後ろからワタシを睨んでいくのよ
「・・・ちっ、渡らねえのかよ、突っ立ったままで何やってんだよ、、邪魔だろ?」
「・・・やだ、空見上げてニマニマしてるし、、どっかおかしいんだわ、、」
「・・・ねえママ?このおばちゃんどうしたの?」「・・・しっ、ダメよ、見ちゃ!」
といった具合に、シーンがアリアリと浮かぶのよね~ヒヒ、、

だから都会には出れないのよ(田舎でも同じだよ!)


disc8-2 (1760)
disc8-2 (1761)


せんせが演じた指揮者・・・  ん?、、 指揮者を演じたせんせ・・・

俳優の姿が見えないワタシには、せんせはずっとせんせのまんま、、
ドラマは遠い過去なのに、今でも変わらず息衝いている

だから、その見えない俳優にお願いして(笑)
また、今のせんせを見たい、、と時々思ってしまう
「べバ♪」は、そのまま続いている世界だから☆


disc8-2 (1768)
disc8-2 (1768)


そうねえ~ワタシ的に、年齢も余裕も増して、一層の洗練された美
でありながら、毒吐きのテンションの中に、くすぐるユーモアを微量、、
への字も健在なんだけど、何かを味わった優しい目が極微量、、

そんな、ぐっと大人な今のせんせを見てみたい、、
(・・・って、子供だったんかい!


disc8-2 (76)


(ドンドン!)
せんせ~!シーン1「あれから数年後・・・」もうすぐ本番で~す!
あ、せんせ~くれぐれも、大人メイクでお願いしま~す!

・・・うう、、これは悪い夢なのか、、?
By.sense♪



相変わらずな凸凹コンビが、秋の気配に降りて来た・・・

そう、器量良しのPねいちゃんこと、パール姉御、、お世話好きで頭もいい
小柄な容姿に、目印は何と眉間のど真ん中にある逆毛、、これがまるでゴジラの背
名付けてゴジパー、、これ、、親としては考えた、、いくら何でも、女の子だし
ゴジラはねえ~、、呼べばキッと身じろぎもせずにこっちを見る、、その律儀な性格と
輪をかけて真面目過ぎる顔は、次第に目が据わって見え、何とも危機迫るものがあって、、
わはは!笑えるけど、やはりゴジラだ!しかし、当の本人(犬なんだけど)には
たとえ通じなくても呼べない(笑)、、従って、秘かなネームなのだ・・・

打って変わって、お気楽ゴン太の弟Jこと、ジョイ太郎、、これがまた!
Pねいちゃんに怯えながらも(笑)視線を避けては、我が道をゆく~♪の性格、、
だから上手く行くとはよく言ったものだ、、衝突のないピッタリ型、、つまり凸凹だ
最初はブランドの如く、宝石を纏ったお姫様(Pearl)に、躍る様な喜びを抱く
王子様(Joy)をイメージしての名前だった、、洋犬被れの親バカだ、、しかし、その
性格たるや、ハンパないエネルギーと、体力の限りに暴れる(嬉しさの余り)
二人(匹)の様子に、ゴジラとゴン太のネーミングは間違っていなかった、、と
ミョーに頷く親がここに二人・・・

そんなエピソードを日々残してくれた彼らは、いつまで経ってもその会話が聞こえる
言わば、代弁しているだけなんだけど、それを真顔で言いそうな犬の目、、
これだけは暮らした者として、堪らない宝と言える☆

さて、、秋の空気は彼らの何を刺激したのだろうか、、
(・・・って、いかにも物語調じゃないか!まったく、よく書くよ・・・)

f3496255f3496255






チリリン~チロリン~リンリン、チリチリ、チンチロリ~ン♪

 P・・・ようし、今夜は楽隊も揃いそうだし、我らも加勢してやるとするか~
ちょっと、あんた分かってるわよね、音外すんじゃないわよ

 J・・・(ゴソゴソ、、)あ、あった!せ~の!ホイッ、、(ボンッ)

 P・・・ねえ、、何それ?ちょっとあんた、何やってんの?

 J・・・ポポポンのポン♪ うへへ!いい感じ~♪ 

yjimage3V3LNNBOyjimage3V3LNNBO







 P・・・だからさあ、それ、狸じゃん!フィールドの音楽隊に狸は居ないし!

 J・・・え?そうなの?何で?食って、その合間に腹を叩けばいいんだろ?

 P・・・あんた、バッカじゃないの!?秋の夜長ってのは静かな調べなんだよ?
鈴音のような響きで合唱するんだからね、何で狸に化けんのさ?
狸の腹鼓を鳴らしてどうすんの?しかも、食うコトばっかししか頭にないんだから、、
まったく、、ブツブツ・・・

 J・・・ねいちゃん、、そっちだって、何かおかしくね?持ってるの、、それ、、芋だろ?
それに、自分だってさ、何、可愛くめかしてんの?

1-C-HGI185









 P・・・(ハフハフ、、ん~サイコー♪)・・・って、は?あれ?いつの間に?私?なぜ?
ここはどこ?何で兎?しかも、家族でお食事シーン?あれ?しーん、、としてるし、、
あ、あは、あはは、あははは、、何かの間違いよ、、(ここは、笑って誤魔化すに限る)

 J・・・(ジロ、、)ねいちゃん、、ホントは食欲フィールドにしたいんじゃ?
おいら、一緒に協力すっからさ、ね?楽隊は勝手に演奏するんだし、ね?
だからさあ~この際、音楽聴きながらさあ~、美味いもの食おうよ、一緒にさあ~♪
ほらあ~そのホクホクした芋と、おいらの団子でさあ~折角化けたんだし~ね?ね?

 P・・・(・・・・・。ねいちゃんは葛藤だった、、弟にほだされ、そうじゃない!と言い聞かせ
それでも、食い気には勝てなかった、、弟は知っていた、彼女を黙らせるにはこれが
一番なんだ、と。自分よりも量を多く譲り、殺気を回避する、、これが弟の世渡り術だった。)

 J・・・ね?ね?そうだよ、ねいちゃん、、鈴虫なんて化けたら何も食えないよ、、
リンリン騒ぐばっかで、面白くも何ともないよ、ね?おいらの団子もあげるからさ、ね?

 P・・・(モグモグ、、モグモグ、、)

 J・・・そうだよ、美味いものはさ、黙って食べるに限るよ、ほら、まだ沢山あっからさ、ね?
(・・・よしよし、いいぞ、これなら上手くいきそうだ、しめしめ、、ウヒヒ♪)


free-illustration-autumn-insect-tn






月明かりの下、フィールドに響く秋の演奏会、、鈴音の調べはいつまでも続いていた
黄金の楽園では美しい世界が広がっていて、翅を持った彼らをこうして下界に使わす
姿を変え、その声を聞くような感覚で我々を癒す、、錯覚だ、と思っても、それが心地いい
そして、苦しい時こそ、それを味わいたい、、☆

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

0203
















いい季節の始まりは、沢山の雨がその色も音も香りも
大切な全てを流し去ってしまった、、

いつかきっと美しさが戻り、必ず聞こえる鈴音を祈り
大雨の被害に、ほんの少しの思いを込めてみた☆

青い空と、安住の時の訪れを願って・・・


このページのトップヘ